お金借りる時期について

若い世代

とりわけ若い世代である方にとっては、かなりの金額であることでしょう。
それが1年に1回であればそれほどでもないかもしれませんが、それが2回以上というようになってしまった際は、非常に苦しくなるかと思われます。
折角誘ってくれた友達には悪い気がしますが、お金のことを思うと気持ちが沈んでしまうものです。
万が一この3万円を差し出すのがきついと言った場合は、どのようにすればよいかといった点について、これからお話したいと思います。ここでは全部で3つの対策について御紹介致します。
まず1つ目は、結婚式自体をお断りするといったことです。
参加をお断りする正当な理由としては、それほど関係の深くない友人の式である、または御祝儀のお金のことで関係を悪化させたくないといったことがあるかと思われます。
これらいずれか1つでも該当するようであれば、無理に参加することもないでしょう。
その代わり他の日に食事を一緒にして、その際あなたがその食事代を全額負担するといったようなことでも良いかと思われます。
2つ目は、御祝儀を渡せない旨を前もって本人に話しておくことも推奨できます。
“自分が小さい時から付き合いのある友人であるため、何が何でも式には参加しておきたいが、お金だけは用意出来ない”といったことがあるかもしれません。
そういったケースでは前もって結婚式を挙げる本人に、その旨について話してみることも決して悪くないと思います。
そして、このようなことを正直に伝え、そのことを了解した上で本人が参加を望まれているのであれば、あなたも晴れやかな気分で参加出来ることかと思われます。
当然ながら、お金に心配する必要がなくなった際には、お詫びの意味も込めて、別のお祝い事があった際に渡す金額を増やすといったことや、高いお店での食事をおごってあげるといったようなことをするのも良いかもしれません。

お金借りる関連ページ

お金借りる方法は?
お金借りる方法は?